飾り線上

お肌のシミができるのは年齢によるもの

飾り線下
お肌のシミができるのは年齢によるものや紫外線が大聴く関係してできてしまう事もあるのですが、体の中で起きている疾患が原因として考えられることもあるでしょう。



たとえば、急に日増しにシミが目立つようになってきたとすれば、疾患が起る前であったり、すでに病気になっている可能性もあるのですので、至急、医師に相談し、診断を仰いでちょうだい。スキンケア(正しく行わないと肌トラブルに繋がります)がきちんと行なわれているかいないかで、肌の手入れの効能の差が大聴く感じることができます。


メイクがきちんと決まるかも素肌の具合で変化がでると思います。

素肌が良い状態でするためには、真面目にお手入れをすることが肝心だと思います。私自身、ほっぺたの毛穴の開きが年齢と伴にひどくなってきました。
たとえば、前から顔を見ると、穴がぽつぽつと目立ってしまうようになったのです。
この毛穴、黒ずみをなんとか塞ぎたい、小さくなってくれたらと思い、毎日のスキンケア(正しく行わないと肌トラブルに繋がります)洗顔を行っています。洗顔の後で冷えた収斂化粧水で、パッティングをするようにしていますが、少しずつ引き締まってきたように感じます。
何かを食べることと、美しくなることは異なるように見えますが、実は大変近しいものですので老けないための食べ物を食することで美しい肌を保つことが可能です。



豆類、穀物類、海藻類、野菜類、魚類、キノコ類、イモ類、乳製品や色がはっきりしている野菜の中でトマトやナス、タンパク質を十分にご飯に取り入れることで齢に負けないことができます。



お年を召したお肌には必ずと言っていいほどシミがあるものです。とは言っても、なんとか改善できる手はないかと考えるのが女心です。

私がやったシミ対策は、ビタミンC誘導体を最初に導入し、加えてハイドロキノンも試みてみましたが、満足できる結果が得られず、今はレチノールを使用しています。最終的に、シミを取り除くには、レーザー治療(様々な用途で使用されていますが、がんの治療でも用いられています)ということになるのかもしれません。

肌表面の皮溝と皮丘の模様を観察すると、肌の状態がよくわかります。

日光に当たる部分と、当たらない部分の肌を比べてみましょう。
全然年齢が違って見えるのではないでしょうか。きれいな肌というのは皮膚の模様や溝が小さく浅いうえ均一になっています。



表皮が荒れて薄くなってくると、この模様が大聴くクッキリしています。
こういう皮膚は保水性が悪いのです。



表皮バリアが損なわれているので、肌の土台そのものが傷んでくるのは避けられません。

真皮がいわゆる「重力に勝てない」状態になってしまうと当然の結果として「しわ」が出てくるのです。

シミを撃退する飲み物というと美肌効果のあるローズヒップティーです。レモンと比べて20倍以上というほどのビタミンCを摂れる飲み物で内側からのUV対策となり、美しい肌に欠かせないコラーゲンの生成を促進してくれるので、シミやくすみの予防をし、くすみのない肌になります。


体の内側の酸化の対抗力にも優れていて、アンチエイジングにも有効です。肌はなるべく若いうちから手をかけてあげた方がいいのですが、スキンケア(正しく行わないと肌トラブルに繋がります)を全くしないまま、若いからまだ大丈夫、という風に考えている人はいないでしょうか?例え20代の肌であっても、お構いなしにシワはできます。シワが発生する原因としては紫外線による刺激であったり、乾燥による損傷だったりしますが、とりワケ、それらが日々積み重ねられていくというのが肌にゆっくり少しずつ、影響を与えていきます。そういうことですから、ハリのある健康な肌をできるだけ長くキープしたい場合は、20代であっても、日々のスキンケア(正しく行わないと肌トラブルに繋がります)をおこなうべきなのです。



ここ二年くらい、アンチエイジングについて考えることが増えてきました。長く下を向いていたアトに目の周りや口の周りにできるシワがあり、多少はあったけれど、こんなになかったはず!と思いました。

肌のお手入れひとつかなり、昔からきちんとしているので、こういうことになるとは思いませんでした。


乾燥しやすく皮膚が薄い目もとについては、専用ジェルやクリームを使って重点的に潤いを与えるケアを欠かさないようにしています。


これでも万全でなかったとは。
持と持と肌が薄い人は、肌に厚みのある人よりもシワができやすいという話を、聞いたことはないでしょうか。もしかしたら自分がそうかもしれない、と心当たりのある場合は自分の肌を少し確認してみるといいでしょう。
肌のそこかしこで血管が透けて見えているような人は、薄いタイプだと自覚しておいて良いでしょう。

どうして皮膚が薄いとシワになるかと言いますと肌が充分に水分を蓄えておくことができません。そのため、肌の若々しいハリが消え、肌はしぼんでシワがよくわかるようになります。

そして年々、肌は薄くなっていくそうなので、肌の状態には常日頃から気にかけるようにしてちょうだい。




Copyright (C) 2014 メークアップ術のブログ日記 All Rights Reserved.